Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/76-99a9767c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

しめ縄+竹細工チャレンジ~今日もまた出会いましたの巻~

千葉県流山市にある真澄農園で行われたワークショップに参加する。
午前は山本あまよかしむ氏指導のしめ縄つくり。
午後は稲垣尚氏指導の竹ザルつくり。
初のワークショップ2連チャン。
bs121124 11bs121124 12bs121124 13

まずはしめ縄。
1:木槌でたたいて、稲わらを柔らかくする。
2:何本かの稲わらを結う。
3:何本も継いで長い縄を作る。
4:縄をしごいて強度をだし、表面を滑らかにする。
5:結んで、しめ縄にする。
しめ縄つくり、単純な作業であるが、誰も教えてくれなかった。
100年前なら誰でもできたであろう技術がやっと習得できたことに大きな喜びを感じる。
bs121124 21bs121124 22bs121124 23
bs121124 24bs121124 25bs121124 26

山本あまよかしむ氏の人柄には大いに魅せられた。
あまよかしむ氏は道端で手に入る自然素材を使って、布、糸、箱、かごを作っている。
その利用している植物の種類がとても幅広い。
ウエブサイトで惜しげもなくその植物たちを公開している。
暮らしの全てに於いて自然に寄り添うことを模索している。
指導の合間の会話のやり取りをしているだけで、どんどんあまよかしむ氏に吸い込まれていく~。
自分の求める暮らしのヒントを沢山もっているだろうあまよかしむ氏。
また一人良き指導者と出会えたことに感謝◎

午後は竹かご。
大本命の稲垣尚さんのWS。
とにかく、本物の職人に直接触れられて嬉しかった。
尚さんが作ったヒゴを手で触れられたことが一番の収穫。
自分が扱ってきた竹と質感が違う。
伐採の時期、伐採する竹の年齢、ヒゴにする前の仕込み方。
材料の持ち味を引き出す方法を尚さんは熟知している。
部材ごとに、材の質感を変えている。
すごいと思った。
どうやっているのかは、ほとんど判らない。
でも、その質感、肌感、曲がり具合などが体で体感できただけで満足だ。
あとは、それに近づけるよう自分で創意工夫するのみ。
うれしい。
尚さんが作業するときの姿勢も頭に焼き付けた。
指の使いかた、刃の構え方、あらゆるものが参考になる。
面白い。
夜20時までぶっ通しでやってやっとこさザルが完成。
bs121124 31bs121124 32bs121124 33
bs121124 34bs121124 35bs121124 36
bs121124 37bs121124 38bs121124 39

尚氏の作った材料を使っただけに、ビシっと決まる。
素人が作ってもしっかりと出来上がるとは、これが職人技のすごみというものなのか・・・。
恐るべし。

真澄農園のあち氏も強烈な個性の持ち主だった。
あごひげを蓄え、ねじり鉢巻き、ノーパン。
今回はワークショップの裏方に回っていたが本業の有機農業でのあち氏の振る舞いを見てみたい。

by 雑草スープS
bs121124 50
尚氏もあち氏も笑顔が絶えない素敵な人
とにかく場を盛り上げ、楽しくしてくれる。
この2人は、お金への執着をまったく感じさせないという点で完全に一致している。
こういう大人がもっと増えれば、世の中は楽しくなる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/76-99a9767c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。