Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/55-6264a780

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第1回糸紡ぎチャレンジ ~これって好奇心?の巻~

今日は念願の糸紡ぎチャレンジ。
原料となるカラムシの採取と、撚る為の下ごしらえを行う。

カラムシは里山活動でお世話になっている都幾川町のケニーさんの畑から採取。
糸にするには、側枝が少なく徒長気味のモノが適している。
ケニーさんのその畑は誰かがカラムシを意図的に植えたのではないかと思うほど密植し繁茂している。
糸紡ぎにかなり適しているカラムシが採取できるに違いない。

期待を胸に採取をはじめる。
炎天下のなか、ハチやヘビに気をつけながら刈る。
カラムシが密植しているので下草がほとんどなく、しゃがむと視界良好。
予想以上にジメジメ感もなく。
見えない的に怯えることなく作業が進む。
BS120813 10 (1)BS120813 10 (3)BS120813 10 (4)
2時間ほどで刈り取り作業終了。

次に採ったカラムシを2時間ほど水に浸ける。
徒歩5分ほどにある雀川ダム親水公園に移動。
いい感じに澄んだきれいな川に浸す。
流されないよう石を重りとして乗せるのが重要です。
BS120813 20 (1)BS120813 20 (2)BS120813 20 (3)
昼食を取り、手伝わせて頂いている田んぼの偵察をして2時間が過ぎる。

お次は、水を含んで柔らかくなったカラムシの外皮を剥ぐ作業。
親水公園の芝生にゴザを敷いて作業をする。
森から聞こえてくる、セミの声が心地いい。
黙々と、ヒタスラニ。
単純作業の繰り返し。
BS120813 30 (1)BS120813 30 (2)BS120813 30 (3)
以前よりも難しい。
きれいに剥げない。

カラムシの採取適期はお盆前と言われている。
枝がまだ柔らかいうちに取ると、繊維を取り出す作業が楽だからだ。
適期を過ぎた枝は固く、外皮を剥ぐ際に、側枝の付け根部分に注意を要する。
そこで皮が引っかかって、ちぎれてしまう恐れがあるからなんですね。
身をもってわかりました。
ありがとう

予想以上に外皮を剥ぐ作業に時間をとられる。
金物をつかって繊維をシゴく作業は諦めた。
午後4時30分。
雨も降り出したので作業を終え。
帰宅。

自然相手の作業は、タイミングが非常に大切。
タイミング命!!!
素材の状態、天候、時間、土地の状況によって、臨機応変に対応していくことが必要。
本に書かれていることはあくまで一つの回答です。
その場、その時々の状況によって無限にも回答が存在するのが自然界の仕組みナリ!!!

by雑草スープS
BS120813 40
養蜂を手伝い始めてから世界がちょっと変わって見える。
蜜源になる植物はどれかな~って思いながら景色を眺めている。
都会でミツバチを見つけたら、このハチの作り出すハチミツはどんな味がするんだろうな~って想像してしまう。

そして今、カラムシが気になり出して、また更に街中の雑草や、電車から見える野山の景色が違って見える。
積極的に土地を認識し、知ろうという意識が働く。

自分の中のアンテナの感受性と許容範囲が広がって、世界が味わい深いものなっていっている。
とにかく、自然を相手にした創造が楽しくて仕方ない。
飽きることないし、めんどくさいなんてサラサラ思わない。
不思議だ~◎
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/55-6264a780

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。