Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/32-bd9cf48d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第7回 竹細工チャレンジ ~ものづくりは基本が大事の巻~

竹かごつくりを久しぶりに取組ました。
今日は小さい籠を編む作業。
水に濡らすと柔らかくなるので、割れにくくなるので早速洗面器をに水を貯めてひごを濡らす。
予想以上に編みやすい。
また竹の表面に適度な摩擦が生まれ編みこんだときにキュッと止まる。
それがまた編みやすくしてくれる。
底部の編みまでは無事終了。
RIMG0003.jpg

ここまでは良かった。
ここからが大失敗。
側面の立ち上げから状況は一変します。
網目が細かすぎるのか、四つ角の折れる部分のひごが割れる。
水に濡らしていても割れてしまう。
よってガタガタ、歪みまくりの籠が。。。。
結局、上手く制御できずに完成は断念、

普通サイズのものも上手く編めないのに、楽してミニチュアサイズに挑戦した私の敗北です。
bs120520 (1)bs120520 (3)

ひごを小さくしたら、単純に厚みも薄くすればいいという浅はかな考え方が間違っていたようです。
強度を保ち、適度に曲げることのできるひごの厚みがあり、そのひごの大きさに応じて適度な編み目で編む能力が感覚として
身についている必要があると知りました。
さまざまな要素が上手く組み合わさり、初めて籠が完成するのです。

私はまだまだ、本を見ながら基本に忠実に編む必要があると感じました。
数をこなし、身体に感覚を覚えさせることが重要なのです。
がんばります。

by雑草スープS
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/32-bd9cf48d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。