Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/24-e3422cf5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アファンの森チャレンジ

昨日の里山に引き続き今日も積極的に活動しました。
それも念願の「アファンの森会員見学会」に行ってきました。
豊かな森の姿はどんなのかな?
本や映像だけではイメージが不明瞭なのでじゃあ実際に触れてみれば分かるはずだ!!!
ということで行ってきましたアファンの森。
土の匂いと森の空気を吸いに、いざ長野県黒姫へ出発です。
bs120430 00 (2)bs120430 00 (1)
午前中は森の散策をしました。
題名は「水辺の生きものに聞くアファンの森の様子」です。
地表まで届く太陽の光。
きれいに刈られた下草。
咲き乱れる花々。
心地よい空気が通る森。
やっと確かな森というものに出会えた気がしました。
今まで触れてきた森とは何かが違いました。
具体的に文章化はまだできませんが、これが森なんだなと実感できたので万々歳です。
健全な環境に触れ、心が清々しくなる自分がそこには居ましたから◎

森の散策に同行するガイドの方々はC.W.二コルが設立した専門学校の卒業生です。
会話の仕方、質問に対する的確な回答から、どのスタッフもプロ意識を持ち真剣に働いていました。
森の多様性の発展というハード面の整備と共に、維持や情報の伝達といったソフト面の整備もしっかりとプログラムされていることに感動しました。
森というのは様々な生物たちの繋がりによって成り立っているということが
丁寧な解説があったからこそ、今まで以上に、実体験としてすんなりと理解することができ、そしてより深く感動することができました。
bs120430 10 (4)bs120430 10 (1)bs120430 10 (2)bs120430 10 (3)bs120430 20 (1)bs120430 20 (2)bs120430 20 (3)bs120430 20 (4)bs120430 20 (5)bs120430 20 (6)bs120430 20 (7)bs120430 20 (8)bs120430 20 (9)bs120430 20 (10)

午後は植林体験です。
マスコット的な山師の松木さんの指導のもと、5本のブナの苗木を植えました。
植え方は、水極めもせず、根回しをしていない苗木を植えるだけです。
造園設計を生業としている自分にとっては、そんなに適当に植えていいのか!!!
という驚きがありました。
森の中に植林する場合はきっかけさえ与えれば、あとは自然の力によって植物は成長するということでしょう。
bs120430 30 (2)bs120430 30 (1)bs120430 30 (3)

日々、私が取り組んでいる造園という行為が人工的な環境に無理やり自然を持ってくる方法だから不自然なんですね。
そういえば、最近は屋上緑化や壁面緑化など、より条件の厳しいところに緑を導入する仕事や事例が増えています。
材料費や維持費に異様なほどのお金をかけて、都会にみどりを増やしています。
お金がかかるということは、エネルギーもかかっているということだと思います。
そこまでして都会にみどりを増やして何になるのでしょうか?
緑を増やすという善意的な行為によって開発という負の部分を隠そうとしているようにしか私には見えません。
私が日々行っているランドスケープデザインという行為は、なんて歪んだかたちで自然を利用していることか!!!
都会にみどりを導入するよりも、地方に行って荒れた山に植林をするほうが地球の役に立つことは明確です。
偽善的なみどりの利用から脱却したランドスケープの在り様とは何なのでしょうか?
これは、今後無視してはいけない課題だと思います。

アファンの森の活動は今後の活動の大きな指標になりそうです。
体験と性格な知識の伝達がより深い理解を生む。
より深い理解はより深い感動となり、人の心を動かすことへと繋がると思いました。
自給的生活の里山活動を広めるために「体験」する場と「知識」をもった人になれるように活動を続けます。
ちょっと夢と目標が大きくなってしまいましたが、それほどにアファンの森での体験は素敵でした。
ありがとうニコル!!!!!

by 雑草スープS
bs120430 40
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/24-e3422cf5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。