Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/136-58e971f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

竹チャレンジin群馬~皮膚感覚が大切の巻~

蜘蛛の巣編みカゴの作り方を教わる。
六つ目編みを連続させる大変単純な工程の積み重ねなのだが、かたちと模様が実に美しい。
131020BS01.jpg131020BS03.jpg131020BS05.jpg
131020BS07.jpg131020BS08.jpg131020BS09.jpg
ひご作りから初めておよそ6時間ほどで完成する。
6時間の作業工程にしては本当にいいものが作れたと自分でも惚れ惚れしてしまう。

それにしても、本やインターネットでものづくりを教わるのは非常に難しい。
その道のプロに直接教わること以上に教わる道はないのではないかとさえ私は思っている。
単純な工程のなかにも、些細ではあるが気をつけるべき点が無数にあるのだ。

竹細工の解説本をいろいろ眺めてきたわけだが、本当に大事なことは、曖昧に記述されいるか、
記述さえされていなかいこともある。
作れる人にとっては当たり前すぎることが、実はとても重要なことなのだ。

カラダには脳みそとは別の知能というものがきっとある。
動物的に反応していく無意識の動作というものがものづくりには必要なのだ。
それは全体の関係性から目の前の工程において最善の反応を臨機応変にするということとも言える。
前述した竹細工の解説本に記述されない重要なこととはまさにこの反応のしかたのことである。

いくらパソコンが発達して技術が進んだと言っても、自分のひいじいちゃんやもっと昔の人たちが行っていたように、人から直接学ぶ以上に効率的な学びの方法はないのだ。
近代技術がいくら進化したとしても、この学びのスタイルは普遍なんだと思う。

by 雑草スープS
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/136-58e971f8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。