Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/115-b3d03f03

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

雑草チャレンジ~雑草スープじゃなくて雑草ジュースの巻~

130427BS01.jpg
午前中は下里の畑で農作業。
午後は野草酵素ジュース創り。

ネギの周りの雑草とり+施肥。
チンゲンサイと小松菜は雑草とち+施肥+間引き。
っを行う。
130427BS11.jpg130427BS12.jpg130427BS13.jpg
ちょちょちょっと終わらせて早めの昼食。

午後はときがわ町の日影に移動。
2時間ほど野草を採取。
天気がよく、野草たちに囲まれた時間は非常に気持ちのいいひと時。
130427BS31.jpg130427BS32.jpg130427BS33.jpg
ムシがつきにくい場所はどこなのか?
どんな種類の野草がどんな場所に生えやすいのか?
陽の当たり具合と葉の硬さ関係はどうか?
風通しのよさと植生の関係は?
そんなことを知らず知らずに思考し、風景を捉え直す。
そうすると見慣れた風景は全く未知の風景に様変わりする。
130427BS41.jpg130427BS42.jpg130427BS43.jpg
130427BS44.jpg130427BS45.jpg130427BS46.jpg
130427BS47.jpg130427BS48.jpg130427BS49.jpg
風景を食べるという意識で見直すというのは面白い。
風景はそのままに、こちらの意識の変化によって新しい風景が立ち現れてくるのだ。

新しいは足元に潜んでいる。
それを見つける感受性がこちらにあるかないかということ。
きっとそうなんだ。
新しいものを求めて遠くへ行くよりも、
新しい視点で身近な景色に触れなおすということの方が
創造的で楽しい。

さて、1kgほど採取し、家に持ち帰って早速ざく切りにする。
それで、砂糖と交互に瓶に詰めていく。
130427BS61.jpg130427BS62.jpg130427BS63.jpg
野草:砂糖=1:1.1
毎日かき混ぜ、8日ほどでジュース完成。
最終日は、野草を出して、押したりすることなく放置して汁を出し切ると良いらしい。

酵素を活かすためにも、摘み取ったらなるべく早く砂糖につけてやることが重要とのこと。
活きた春の風景が瓶の中にギュギュっと濃縮されている。
130427BS71.jpg
緑のグラデーションはとても目に優しく、
野山の風景を思いだすには十分すぎるほどに眩しかった。

by 雑草スープS
130427BS93.jpg130427BS91.jpg130427BS90.jpg
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zassousoup.blog.fc2.com/tb.php/115-b3d03f03

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。