Entries

スポンサーサイト

畑と竹チャレンジ~農繁期もそろそろの巻~

あいにくの小雨の中、グルグルスマイル里山農園の定例会に参加。スイカ、オクラ、ナス、メロン、とうもろこしのタネまき。ナスの鉢上げ。キャベツ、春菊、ブロッコリーの定植をする。徐々に、収穫へ向けての準備を始める。小川町の桜は今がちょうど満開。作業をしていると、ホトトギスやら何やらの小鳥の鳴き声が聞こえてくる。レンギョウ、ミツバツツジ、ヤマブキ、ボケ、などの植物も花をつけだした。ここ2、3日はめっきり寒い...

畑チャレンジ~食の自給が一番大切の巻~

久しぶりに畑作業をしてきました。畑は下里の分校の横にある。10時に現地について、3時30分までみっちり作業をする。作業メニューは以下・ネギの植え替え・小松菜の種まき・チンゲンサイの種まき・夏採り大根の種まき・シノダケ採り徐々に春めいており、畑作業も忙しくなってきそう・・・。TPPの参加交渉が始まっている。恐れていたことがいよいよ現実になりそうだ。自給活動に熱がこもる。さてさて畑作業は地に近い。クワとスコッ...

竹チャレンジ~タケを割るってことが判りはじめた気がするの巻~

竹を採りに小川町の河村農場をお邪魔した。頂戴したのはマダケを1本。切り立てのタケは瑞々しい。しなやかで加工が非常に容易。タケの薫りに包まれながらの作業は非常に心が落ち着いた。タケのしなり具合と弾力を指先で感じながら自分のイメージする形へと近づける。根元の繊維は末口よりも荒く加工しにくく、根元から2mほど上の部分は節の間が最長になる。枝の付け根付近は水平に割りやすい。タケを割って加工するだけでも、カン...

竹チャレンジ~鳥の目と虫の目の巻~

会社を休んで、母校の武蔵野美術大学を訪問。向かった先は民俗資料室。世界と日本の竹細工の現物を見に行ってきた。その量の多さにまず驚いた。ところ狭しと民具が並んでいる光景は圧巻だ。民具はどれも人の体温や素材のもつぬくもりが宿り、アタタカサを感じた。モダンで素っ気ない工業製品にこのアタタカサは皆無だ。循環する暮らしの一部となり、長い年月が生み出した道具には説得力がある。中には、粋な装飾が施されたものもあ...

竹チャレンジ~素敵なお師匠さんとの修行が始まりましたの巻~

群馬県にお住まいの竹細工職人の自宅を訪問。職人から直接竹細工の指導を受ける。メニューは以下の3点。1:花器つくり2:六つ目編み3:ヒゴ作りとにかく、こと細かく丁寧に教えてくれる方だった。手の位置、力の入れ具合、指の使いかた、道具の持ち方などなど。説明も的確で、納得がいく指導をしてくれた。本当に勉強になった1日。特に、作業環境を見れたことが何より勉強になった。よほどのものでないかぎり、道具は自作して...

竹チャレンジ~一人で寡黙に作業をするの巻~

今日は週に一度の竹の日。朝から晩まで竹をする。先週と同じように基本の竹カゴ作り。ヒゴ作りから始まり、カゴの立ち上げまでを行う。今回は節を削る処理を新たに加えた。竹細工はとにかくヒゴ作りが大切。全体の7割の作業がヒゴ作りだとも言う。幅を揃え均一な薄さに仕上げる作業が非常に難しい。とにかく経験を重ね、カラダに馴染ませる。もうただただそれだけなんだ。きっとね。ひたすらに、ひたむきに、竹と向き合っていこう...

田んぼチャレンジ~晴れのちスギ花粉のち雨のち晴れの巻~

今年も田んぼが始まりました。今日は田んぼのアゼ作り。まずは仕込みが大切です。草が生えてきて、土掘りが困難になる前の先手作業。今年の田んぼの参加者は去年よりも多い。今日の参加者はざっと15人!!!すごうい。各自がスコップを持ち、黙々と作業をする。アゼができたら、田んぼへ藁を敷き込む。昨年の稲藁をその場所に返してやるのだ。グルグル世界はつながっていきます。人数が揃っていたので、苦痛を感じることなくマイペ...

竹チャレンジ~生前の祖父を知る人はいなかったけど関係ないっすの巻~

昨年の暮れに小川町に引っ越してきて。何とか生活も落ち着いてきたので、やっと竹活動を再会。毎週竹と戯れるを目標に、今日から「ZassoSoupTAKEproject」は始動です。まずは、ベーシックなカゴ作りから始める。急がば回れ。基本の基本をしっかりと抑えたい。自宅の庭にでて朝から夕方までひたすら作業をする。日中の春の陽気は心地よく。山の空気をのせた風と、竹の匂いが辺りを満たす。豊かな時間が過ごせた土曜日。結局、側面の...

職人チャレンジ~社会との接点をの巻~

秩父旅行2日目ゆっくりを宿をでて、秩父にある新井竹細工店を訪問する。市街地から離れた影森という駅が最寄駅そこから歩いて15分ほどのところにある。周囲はまだ自然が残る秩父の風景が広がる。山の斜面地によりそうようにお店はあった。店内は様々な竹細工が並んでいる。販売用のものと一緒に参考商品として精密にきっちりと作られた道具たちもある。奥の作業場では新井さんが竹細工を実際にやられていた。店番は奥さんの役割。...

図らずしも竹チャレンジ始動~生前の祖父を知る人と出会うの巻~

週末は秩父に温泉旅行に行ってきました。っで、初日の土曜日は「月のうさぎ」にて昼食。「ツグミ工芸舎ひぐらし工房」訪問。以上の2本立て。事件は「月のうさぎ」にて起こった。店内の様子からオーナーさんはかなりものづくりに精通しているらいいことがわかった。そして、何の気なしに、話しかけるとどんどん話しは盛り上がり、ぬあんと、竹細工をしていた生前の祖父のことを知っているではないか!!!!!!おもむろに、私が祖...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。