Entries

スポンサーサイト

第四回里山チャレンジ

朝9時に下里分校集合。今日は養蜂からスタートです。2つの群れを1つの群れに合体させるということ。全体が個であるミツバチにとって合体なんてお手の物?ハニー後藤さんがミツバチの巣を解体して、難なく1つの巣箱に合体。ハチ達を驚かせないようにそっとやってあげるのが大切と言っていたが結構豪快な手さばきだったのが印象的でした。その後は畑に移動して刈払機の実習体験。草刈をするときに使う、丸い鋸の刃が回転して草を...

プランターもといトロ箱栽培

いつのまにかベランダで、スナップエンドウが実をつけていた。小さいスペースながら、せっせと花をつけ、実を結んでいく。最近はときどきいい感じに雨が降るから、水やりもほとんどやってない。固形の有機肥料はこないだ置いてみたけれど、その効果はあるのかな?根元に敷いてあるワラを雀が持ち去るのを目撃!巣の材料にでもするのだろうか?なかなか都会では見つからないよ、ワラなんて。目敏いな〜...

第六回田んぼチャレンジ~何より整地の巻~

AM土を平らにする整地作業。PM途中から追加された2枚の田んぼの黒塗り。最後は、米の苗床の雑草抜き。スギナとギシギシが結構生えていました。米の苗を抜かないように慎重に作業を進める。いつもながら作業を通して実感するのは様々な生き物がこの田んぼで暮らしているということだ。動植物達の存在感をとても感じる。生命の多様さが心を豊かに、そして安心感を与えてくれる。農薬やコンクリートやアスファルトがどれだけ自然を見...

第7回 竹細工チャレンジ ~ものづくりは基本が大事の巻~

竹かごつくりを久しぶりに取組ました。今日は小さい籠を編む作業。水に濡らすと柔らかくなるので、割れにくくなるので早速洗面器をに水を貯めてひごを濡らす。予想以上に編みやすい。また竹の表面に適度な摩擦が生まれ編みこんだときにキュッと止まる。それがまた編みやすくしてくれる。底部の編みまでは無事終了。ここまでは良かった。ここからが大失敗。側面の立ち上げから状況は一変します。網目が細かすぎるのか、四つ角の折れ...

田んぼ自主トレ ~くろつけの巻~

今日は田んぼの水の流出を防ぐために畔の「くろつけ」を行いました。具体的には、隣接する田んぼが私たちの田んぼより低くなっている2辺の畔について行いました。総延長距離にして約50mほど。「くろつけは畔の側面に粘土状になった土を塗り付けていく作業です。粘土質の土を塗ることで畔に強度をもたせると伴に田んぼの中の水が流出しないよう防水の為に行います。防水用に黒いシートを敷きその上に土を乗せるか、またはトラクタ...

畑自主トレ

ぐるぐる里山チャレンジの自主トレに参加。木曜日あたりから風邪気味で体調は万全でなく、よほどの予定がない限り自宅療養が大人な選択です。っということで私にとってぐるぐるの畑の活動はよほどの予定なので、体調不良なんて気にせず外出。今日は久しぶりの快晴◎バス停から下里分校の近くにある畑までの道のりをブラブラ道草をしながら移動。立ち止まって、遠くの景色をボーっと眺めたり。風に吹かれる野草たちの動きにみとれて...

都幾川町観光

今日は都幾川町を観光です。まずはなんとか寺!!!名前を忘れました!!!鬱蒼としていて非常にしぶい。しぶいお寺でした。2件目もお寺です。確か「慈光寺」という名のお寺。シャガが満開できれいなお寺でした。般若心境のえらーい経典が飾られているお堂に入ると。威勢のいい住職さんかな?の方がえらーい説法を聞かせてくれました。全体は個であり個は全体なんて当たり前。全てが必然だってことも気づいているよ。生成流転する中で、...

第五回 田んぼチャレンジ

文句なしの晴れ◎5月3日のリベンジということで米のモミふりをしました。1:土を耕す。2:鎮圧して土を均す。3:種をまく(モミをふる)  2cm間隔になるように手で丹念に間隔を調整していく。4:土をサラサラとモミが隠れる程度に被せる5:モミガラをまんべんなく敷く6:竹堆肥をまんべんなく敷く7:不織布でトンネルをつくる以上でモミふり工程終了炎天下の中、汗をふきふきがんばりました。続きましては田んぼの整備...

第6回 竹細工チャレンジ

今日は、実家で竹細工を中心に動く。まずは、農作業用の道具の調達のために小川町にあるコメリを目指す。普通の鎌と鋸刃の鎌を購入。そして、祖母の家へ。叔父が畑仕事のために既に到着していた。真竹と孟宗竹で長さ1.5mほどのものをそれぞれ1本ずつ貰う。また、切り出し小刀で竹を削る際に足の上に敷く丈夫な布も貰う。更に、竹かごの淵の処理に使う藤も貰う。貰ってばっかりだが躊躇せず貰えるものは貰う。藤の枝がとってもグ...

第4回 田んぼチャレンジ

今日は朝から生憎の雨。しかし、田んぼ部は開催!!!!長靴を履いて、ゴアテックスの上着を着て万全の状態で都幾川町へ移動。現地につくと雨は更に強さを増していました。代表者の家に到着すると、あまりにもひどいので午前中の作業は中止とのこと。家の中でできる、大豆、落花生、黒豆の種とりに作業を変更。百姓はいつでもやることは沢山あるものなんですね。一日たりとも無駄な日は無しということでしょうか。ムムムむむっ!!!!!共...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。